敏感肌のスキンケア

敏感肌のスキンケア。
敏感肌の人は普通の人と同じ化粧品やスキンケアが
できないので悩んでいる人は多いですよね。

まず敏感肌ですが敏感肌の定義付けというのは
医学的にはありません。

敏感肌の症状は様々で間口も広く奥も深く
人それぞれ症状や症例が違います。

敏感肌のスキンケアはその人の症状に合ったケアを
しないと症状を治すどころか悪化させてしまいます。


まずは自分の敏感肌の症状を把握しましょう。

自分の今までの体験を振り返り自分の肌は何に対して
過敏に反応してしまいその時肌がどういう状態に
なるのかを振り返ってみましょう。

そして敏感肌の症状を記録しておきましょう。
例えば化粧品であればどのメーカーのどの商品の
何を使ってどうなったとかを記録してデーターを
集めましょう。


敏感肌のデーター取りができればお肌の専門家に
カウンセリングに行きましょう。
皮膚科の医者やエステのプロや化粧品売り場の
美容担当の人と話し合いましょう。

そして自分の敏感肌に合った化粧品などを選び
敏感肌のケアをしましょう。


このように敏感肌のスキンケアは人それぞれ
原因や症状が違うので一括りにこのスキンケアを
すれば大丈夫などの決定打がありません。

自分の敏感肌をしっかり自己分析して肌の専門家と
相談してスキンケアの方法を見つけましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敏感肌のスキンケア 洗顔

敏感肌のスキンケア 洗顔。
敏感肌でも洗顔はスキンケアの基本です。

敏感肌では洗顔の時に何を使うかが1番の問題だと
思います。

洗顔時の洗顔料や石鹸は一般的には無添加の物を
薦められますがそんな無添加の物を使って
洗顔しても敏感肌の症状が出る時があるようです。


洗顔に関しても敏感肌のスキンケアに対しては
人それぞれの症状によって方法が違ってきます。

洗顔はスキンケアの基本ですのでココを間違えると
大変なコトになりますので慎重に自分に合った
敏感肌の洗顔剤を見つけましょう。


洗顔剤の選び方も過去自分が使った洗顔剤と
使用後の症状などを記録しておいた方がいいでしょう。

その記録と今現在の状況をお肌の専門家に相談して
洗顔剤を決めましょう。

洗顔剤はピリッとするや洗顔後につっぱるなどの
小さな事にも妥協せずに自分の敏感肌にベストな
洗顔料を選びましょう。


また敏感肌のスキンケアで洗顔をする際は
ぬるま湯を使うコトが重要です。

熱いお湯や冬時期などそのままの水で洗顔すると
お肌にそれだけで刺激を与え敏感肌の症状を
悪化させます。


敏感肌のスキンケアの洗顔はぬるま湯で自分に合った
洗顔料でよくすすぎ洗い残しがないように
洗顔するのがコツです。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敏感肌のスキンケア 保湿

敏感肌のスキンケア 保湿。
保湿によるスキンケアは乾燥肌かくる敏感肌に有効です。

保湿とは湿度を保つという意味で敏感肌に水分を与え
肌を潤すことです。

特に乾燥している冬場や最近では夏場もクーラーを
付けっ放しにしている場所では乾燥に注意しなければ
いけません。


敏感肌のスキンケアにおける保湿対策として
美容液や保湿クリームを使用する方法が一般的です。

保湿成分の中で保湿能力が高いのはセラミドと
ヒアルロン酸です。

ただしセラミドは高価ですしヒアルロン酸は文字通り
酸の一種なので刺激がある場合があります。


酷い乾燥肌や敏感肌になると美容液がしにくいので
敏感肌の保湿には保湿パックが非常に有効的です。

パックをする事により保湿の有効成分をお肌の中に
強制的に閉じ込めるからです。


敏感肌のスキンケアの保湿剤も肌にあわないような場合は
商品名や症状を記録して皮膚科やエステや化粧品の美容部員に
相談して自分の敏感肌に合う保湿方法を見つけましょう。


| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敏感肌のスキンケア 予防1

敏感肌のスキンケア 予防1。
敏感肌の人は様々な原因で敏感肌になってます。

また敏感肌は医学的に定義付けされておらず
原因や症状は様々です。

そして一度敏感肌になってしまうとなかなか元の肌に
戻らないようです。

そんな厄介な敏感肌ですがなってからスキンケアを
するよりも敏感肌にならないように予防するコトも
大切です。


ではどんなコトが敏感肌の予防に有効かというと
少しでも違和感のあるスキンケア用品は使わないコトです。

違和感がある時はすぐに使用を止めて他のスキンケア用品に
替えてみるとか様子を見ましょう。

勿体無いからと言ってそのまま使い続けると
敏感肌の原因になりかねません。



乾燥からお肌を守りましょう。

乾燥は敏感肌の原因の大きな一つです。

乾燥肌が悪化して敏感肌になる例は多いのです。

保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸配合の
美容液や保湿クリームを塗ってお肌を乾燥から
守りましょう。

お肌が乾燥して美容液などを塗る時にヒリヒリと
感じるのは敏感肌になる前ぶれなので注意が必要です。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敏感肌のスキンケア 予防2

敏感肌のスキンケア 予防2。
一度敏感肌になってしまうとなかなか元のお肌に
戻りません。

敏感肌になってスキンケアをするよりも
敏感肌にならないように予防しましょう。



紫外線対策をしましょう。

日焼けによるお肌のダメージは見た目以上にあるのです。

日焼けというのは紫外線によるお肌の軽い火傷です。

日焼けを短期間に何度も繰り返すとお肌の再生能力が
少なくなり表皮から真皮へとダメージが広がり
肌荒れを起こしやがて敏感肌へとなるのです。

そしてそのまま日焼けをして紫外線を浴び続けると
皮膚癌という最悪の事態の原因になります。

紫外線対策は帽子を被ったり日傘を差したり
日焼止めクリームを塗ることによって
紫外線を防ぐコトができます。

現在の日焼けはオゾン層の破壊が進んでいるので
紫外線の量が増えていますので短時間でも注意が
必要です。



規則正しい生活で睡眠時間を充分にとりましょう。

睡眠不足は肌荒れの原因となり肌荒れの状態が続くと
敏感肌の原因になってしまいます。

仕事などで規則正しい生活が送れない場合は
なるべく睡眠時間を多く取りましょう。

お肌は寝ている間にダメージを回復するのです。


このように敏感肌の要因は幾つもあります。

前兆として肌が徐々に荒れ始めるので注意して
スキンケアをしましょう。


| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。